#海と暮らす家

湘南の注文住宅

公開日:
最終更新日時:

注文住宅の基礎知識

注文住宅を建てる場合、はじめての経験である方が多く、「わからないことが多い」という方もいると思います。

子供や孫の代まで末永く住み続けることになるため、なるべく理想に近い住まいづくりを行いたいものです。

このページでは、注文住宅づくりの際、知っておきたい基礎知識について詳しくお届けしていきます。家づくりを考えている方は是非チェックしてみましょう。

注文住宅を建てる際の流れ

注文住宅を建てる場合、「どのような流れで建てればよいのかよくわからない」と思っている方も多いことでしょう。まず、自分たち家族に合った暮らし方についてイメージしたり、資金計画を立てたりすることが大切です。

その後、施工会社を探して具体的に話を進めていくとよいでしょう。土地も購入しなければいけない場合、施工会社に相談して土地探しをしてもらうとベターです。ここでは、注文住宅を建てる場合の流れについて具体的にお届けしていきますので、ぜひ参考にしてください。

注文住宅と建売住宅と分譲住宅の違い

建売住宅は、土地とセットで売られている新築分譲住宅を指し、注文住宅とは間取りや設備、デザインなど自分好みに仕上げられる住宅のことを言います。

分譲住宅はまとめて建てられた建売住宅のことを指し、建売住宅と同様に扱われていることが多いです。どういったタイプの住まいにしようかお悩みの場合、マイホームで重視していることを整理した上で、決めていくとよいでしょう。ここでは、注文住宅と建売住宅と分譲住宅の違いについて詳しくお届けしていきます。

子育てがしやすい注文住宅の立て方

小さな子供を育てている方が住まいづくりを考えている場合、「子育てがしやすい家に住みたい」と思っている方もいると思います。

小さな子供がいる場合、リビングをメインとした間取りにするのが望ましいです。リビングを見渡せる設計なら家事をしながら子供に目が届きやすいため、ママにとっても安心できることでしょう。家族が1つの空間でともに過ごせるのも魅力だと言えます。

素敵な内装の注文住宅の建て方

住宅の内装が自分たち好みにおしゃれな仕上がりだと気分よく過ごせることでしょう。 天井や床、壁紙、照明、設備など、部屋のイメージに合わせたり、使用する色味を3色以内にしたりするとまとまりのある空間に仕上がります。ここでは、内装の決め方のポイントや事例などを紹介していきます。

ローコストで2階建ては建てられる?

ローコスト住宅を取り扱っている業者に依頼すると、2階建てが建築できるよう費用とのバランスを見ながら相談に乗ってくれます。

2階建て住宅を建てる場合、階段部分のスペースが必要ですが、回数を増やせるため、平屋よりも有効利用できる面積を広くとることが可能です。ローコストで2階建て住宅を建てるコツなどお届けしていきます。

狭い土地を有効活用しよう!狭小住宅とは

都心に家があると、通勤や通学がしやすくなったり、繁華街や娯楽施設へのアクセスがよくなったりするなどのメリットがあります。しかし、都心の人気エリアは坪単価が高額であり、土地の費用だけでも多額の資金が必要です。

都心に家を建てる場合、コンパクトな土地に建築する狭小住宅なら、毎年支払う必要のある税金を安く抑えられるのが嬉しいポイントです。

平屋と二階建てのメリット・デメリット

住宅は大きく分類すると平屋と2階建てがあり、どういったスタイルにしようか迷う方もいると思います。土地の広さや予算、家族構成などを考慮し、自分たちに合ったスタイルを選ぶようにしたいものです。 ここでは、平屋と二階建て住宅のメリット・デメリットについて詳しくお届けしていきます。どちらの住宅を建てたいか迷っている方はチェックしてみてください。

知っておきたい契約の流れとローンの種類

住宅購入の際にほとんどの方が利用する住宅ローン。どのような流れで審査や契約が行われるのか、住宅購入契約の流れと一緒に解説していきましょう。

合わせて、一般的に利用されている住宅ローンの種類も、簡単にご紹介します。

また、自治体に問い合わせれば、住宅購入に対する何らかの助成金制度などを設けているところもあるので、しっかりリサーチしておきましょう。

注文住宅を建てる際の間取りのポイント

注文住宅で暮らしやすい家を建てる際、重要となる要素が「間取り」です。

間取りは生活導線や設備配置に深く関わり、快適性や利便性などの暮らしやすさに直結する要素の一つであるため、慎重に考えて決める必要があります。

このページでは、間取りを決める際のポイントや注意点などを紹介しています。内容をよく読んで、失敗しない家づくりを目指しましょう。

注文住宅の工法の種類と特徴

工務店やハウスメーカーによって、用いる注文住宅建築の工法が異なります。工法の違いは住宅の構造だけでなく、防水性や耐火性、耐震性などの住宅機能に関わります。

また、間取り設計の自由度にも影響するため、理想の家づくりのためには工法にもこだわる必要があるでしょう。

どの工法を選べば良いかは、その土地の風土で大きく違います。安全かつ快適な住まいを手に入れたいのであれば、工法についても知っておきましょう。

湘南の長期優良住宅の優遇措置

「長期優良住宅」とは、長期にわたり良好な状態で使用できる構造および設備があり、基準かつ居住環境への配慮を行っている優良な住宅のことです。

長期優良住宅の条件を満たしていると、税の特例や補助金など、優遇措置を受けられる「長期優良住宅認定制度」に申請できます。

長期優良住宅に認定されるための条件や、制度を受けるための申請方法などを覚えておき、家づくりに役立てましょう。

ZEH(ゼロエネルギーハウス)

「ZEH」とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称で、その通りエネルギーの収支をゼロに抑えることを目的とした住宅です。

ZEHは断熱性能をベースとし、高効率機器などの省エネ設備を導入することで消費電力を抑え、太陽光発電などによる創エネを組み合わせることで、エネルギーの収支をプラスにすることに充填を置いています。

ただ光熱費を節約しやすいだけでなく、余った電力を蓄えてくれるため、停電などの緊急時にも強いのがメリットです。

注文住宅会社の違い

注文住宅会社は、大まか分けて「ハウスメーカー」「工務店」「設計事務所」の3種類があります。

いずれも注文住宅を請け負うという点は同じですが、実際には似て非なる会社です。それぞれに異なる特徴を持っており、メリット・デメリットも存在します。

各会社の特徴をしっかりと覚え、自分が建てたい家とマッチした会社を選びましょう。

注文住宅のデザイン

注文住宅のデザインには「和風」「洋風」「南欧風」「ナチュラル」「カリフォルニアスタイル」など、豊富なデザインがあります。年々デザインの自由度は高まっており、洋風に和の要素を取り入れたり、自由な間取りで家づくりを楽しむ方が増えています。

デザインにこだわりたい方は、設計やデザインの自由度が高い施工会社を選ぶのがおすすめです。それぞれのデザインに強い施工会社や特化した施工会社があるため、デザインのイメージに合わせて選ぶとよいでしょう。