#海と暮らす家

湘南の注文住宅

公開日:
最終更新日時:

注文住宅のデザイン

注文住宅で家を建てるのであれば、デザインにはこだわりたいもの。住宅デザインといっても和風、ナチュラル、南欧風とスタイルはさまざまです。ここではそれぞれのスタイルについて特徴や魅力を紹介します。

和風

和風住宅の特徴といえば、土間と縁側です。最近は土間が多目的スペースとしても見直されてきており、洋風の家に取り入れる方も多くいます。土間があればベビーカーでそのまま家に入ることができたり、汚れが気になるスポーツ用品やDIYの道具の収納場所としても活用できます。

和風住宅で使用される畳や土壁は調湿性能に優れており、湿度の高い日本の気候に合っているといえるでしょう。

和モダン

洋風の住まいに和の良いところを取り入れたデザインが和モダンです。現代の暮らしにマッチした機能やデザインでありながら、どこか懐かしさを感じるデザインが人気を集めています。和モダンをシックに仕上げるのであれば、外観は落ち着いたダークカラーがおすすめ。シンプルでおしゃれな印象を与えてくれます。

内装には無垢材や珪藻土といった自然素材をふんだんに取り入れましょう。畳スペースや掘りごたつ、土間スペースも和モダンで人気の施工です。和と洋のいいとこどりができる和モダンは、幅広い年代の方に支持されています。

シンプルモダン

シンプルモダンといえば、飾られすぎずシンプルで現代的なスタイル。洗練されたデザインと落ち着いたトーンでまとめられているのが特徴です。カラーやインテリアによって優しい印象を与えたり、シックな雰囲気に仕上げることもできます。

シンプルモダンな家を目指すのであれば、装飾は控えめにするのがポイント。直線的なスッキリとしたデザインの建具や家具でそろえて、栽植を控えめにすることで完成します。モノが多いとごちゃついて見えるので、必要な家具をゆとりを持った配置にするのがおすすめです。

洋風

洋風の家はデザインから決めて間取りを作っていくという流れで家づくりが進められます。そのため、和風よりもデザインの幅が広いのが特徴です。和風の家が梁や柱を使った在来工法であるのに対し、洋風はツーバイフォー工法で建てられることがほとんどです。ツーバイフォーは床・天井・壁を面で支えているため、地震に強いともいわれています。

最近は洋風のデザインに畳の部屋を設ける家庭も増えてきています。

ナチュラル

近年人気があるのがナチュラルテイストの家です。自然派志向の方の増加とともに、ナチュラルデザインの家も増えています。ナチュラルデザインの家には、天然素材や無垢材をふんだんに取り入れているのが特徴です。色味も派手なものは使用せず、全体的にやさしい雰囲気でまとめられています。

ナチュラルといっても、カフェ風やアンティーク風とデザインはさまざまです。自然素材を中心に、好みの雰囲気に作り上げることができます。

南欧風

南欧風の家の特徴の一つが、屋根の軒がないと言う事。外観がスッキリしていてスマートな印象です。外壁は明るい色合いの塗壁、洋瓦、アイアン性の装飾も南欧風デザインには欠かせないアイテムです。

内装も基本的には外観と同様、白や木の色をベースにアイアン素材を取り入れたり、アンティーク調の家具でインテリアを楽しむことができます。南欧風では地中海をイメージしたリゾート風のデザインも人気です。

北欧風

北欧風の家は、寒い北欧の出の雪対策として勾配の急な三角屋根を設置しています。お手入れがしやすいよう、デザインはシンプルなのが特徴。1階と2階部分で色を分けたツートンカラーのデザインも人気です。

内装・インテリアにはカラフルでポップなアイテムを取り入れると北欧風デザインになります。カラフルといっても蛍光カラーや派手な色ではなく、アースカラーといわれる落ち着いた色味でそろえるのがポイントです。花や草木といった自然のデザインのものを取り入れると、一気に北欧の雰囲気に変わります。

カリフォルニアスタイル

西海岸をイメージしたカリフォルニアスタイル。アウトドアや海が好きな方に人気のデザインです。ベースとなるカラーは青や白がおすすめ。海や空を連想されるカラーを取り入れると、カリフォルニアスタイルに近づきます。開放感のある部屋にヴィンテージ感のある素材を取り入れましょう。

カリフォルニアスタイルはアウトドア好きに人気があるため、広いウッドデッキやカバードポーチを設けたデザインが人気です。デッキはお手入れがしやすく耐久性に優れた人工木材が多く使用されています。

ブルックリンスタイル

ニューヨークのブルックリンをイメージしたデザインをブルックリンスタイルと言います。ブルックリンスタイルと聞いてイメージしやすいのは、レンガ造りの壁やコンクリート打ちっぱなしのデザインでしょう。実際にレンガの壁にすることは難しいので、レンガ調のクロスやレンガタイルで対応できます。

カラーはブラウンやブラックといったダークカラーが使用されます。部屋のイメージが重くなりすぎないように、グリーンの観葉植物を置くのもおすすめ。大人の洗練された空間をイメージしてデザインしましょう。

まとめ

注文住宅と一言で言ってもさまざまなデザインがあります。デザインに明確なこだわりがある方は、デザインや設計の自由度が高い住宅施工会社を選ぶのがおすすめです。和風建築に特化した施工会社やカリフォルニアスタイルが得意な施工会社など、会社によって強みが異なります。理想のデザインに近づけるよう施工会社を選びましょう。

施工実績×参考価格で見る!
湘南エリアの
注文住宅会社3選

No.1

マイトレジャー
マイトレジャー

引用元:マイトレジャー
http://www.mytre.jp/works/works011/index.html

施工実績

210

※2016年度

坪単価

                       

45.0万円〜55.0万円

No.2

サンキホーム
サンキホーム

引用元:サンキホーム
https://www.sankihome.co.jp/construct/detail19.php

施工実績

40

※2016年度

坪単価

                       

50.0万円〜100.0万円

No.3

ホームスタイリング
ホームスタイリング

引用元:ホームスタイリング
https://www.home-styling.co.jp/gallery/n030/

施工実績

32

※2017年度

坪単価

                       

65.0万円〜95.0万円

※2020年10月時点で、SUUMOに年間の施工実績と坪単価が記載されている湘南エリアの工務店を、施工実績の豊富な順、坪単価が安い順に掲載しています。

施工実績×参考価格で見る!
湘南エリアの
注文住宅会社3選

No.1

マイトレジャー

施工実績

210

※2016年度

坪単価

38.0万円〜
68.0万円

No.2

サンキホーム

施工実績

40

※2016年度

坪単価

50.0万円〜
80.0万円

No.3

ホームスタイリング

施工実績

32

※2017年度

坪単価

59.7万円〜
90.4万円

※2020年10月時点で、SUUMOに年間の施工実績と坪単価が記載されている湘南エリアの工務店を、施工実績の豊富な順、坪単価が安い順に掲載しています。