湘南で憧れの暮らしを 湘南の注文住宅マガジン

湘南で憧れの暮らしを 湘南の注文住宅マガジン » 葉山に注文住宅を建てる » 葉山の土地価格と特徴

葉山の土地価格と特徴

葉山の土地価格の相場

2018年6月現在で、リクルート『SUUMO』の物件情報に登録されている土地価格から算出された、葉山町の土地価格の平均を紹介しましょう。

葉山町全体の土地価格相場

41.4万円/坪
※低層住居専用地域相場 41.4万円/坪、それ以外の住居専用地域55.4万円/坪

エリア

坪単価平均

エリア

坪単価平均

堀内(字葉山)

63万1404円/坪

一色(字真名瀬)

59万5041円/坪

堀内(字五ツ合)

57万8512円/坪

長柄(字下小路)

54万5454円/坪

一色(字菖蒲沢)

52万8925円/坪

堀内(字森戸)

51万9008円/坪

一色(字日影)

49万9173円/坪

長柄(字南郷)

44万6280円/坪

下山口(字白石)

44万2975円/坪

木古庭(字広尾)

26万9421円/坪

葉山の土地の特徴

森戸海岸と一色海岸周辺が人気

葉山にある2つの海水浴場に歩いていけるエリアは、やはり人気が高い傾向にあります。森戸海岸に近い堀内、一色海岸に近い一色や下山口といった地域がそれにあたります。

山の上の眺望が良いエリアも人気

海岸に徒歩圏の土地が人気であると同時に、海や富士山が眺められる山の上の土地も需要が多いようです。葉山小学校や町役場に近い東伏見と134号線を挟んだ向かい側の山の上にあたるつつじが丘、葉山ハートセンターの裏のあたりの下山口エリアなどもあります。ただし、山エリアは、1区画が広いケースが多いので、土地価格が高くなってしまう傾向があります。

旧別荘や旧保養所がまとめて売りに出されることがある

葉山は大きな別荘や企業の保養所などが多い町で、使われなくなった保養所の跡地などが売りに出され、宅地として何区画もまとめて分譲されることがあります。海に歩いていけるエリアや眺望がいいエリアにある場合が多いので、まめに不動産情報をチェックしていると、良い土地に巡り合えることも。

逗葉新道に近い長柄エリアの土地も増えている

お隣の逗子市に近く、逗葉新道の出入り口も近い長柄エリアは、最近宅地として売りに出される土地が増えてきています。葉山町の特産品を販売している最新のお買い物スポット、ハヤマステーションもあります。

まとめ

以上、葉山の土地価格相場や街の特徴などをご紹介しました。

葉山と言えば、一番有名なのが「葉山の御用邸」。皇室の方々の出入りが多い街ということもあり、一般に葉山には、ハイソなイメージが定着しているかもしれません。

そのイメージは、当たらずも遠からずです。隣接する横須賀とはまったく異なる空気が流れていますが、その一方で、意外にも庶民的なお店もたくさんあります。さほど気取らずに、リラックスして生活していくことができる街と言えるでしょう。

なお葉山には、電車の駅も線路も存在しません。御用邸があることが理由とのことなので、今後も電車が開通する見通しはないでしょう。穏やかに落ち着いて暮らしていきたい方には、ぜひおすすめしたいエリアです。