湘南で憧れの暮らしを 湘南の注文住宅マガジン

湘南で憧れの暮らしを 湘南の注文住宅マガジン » 大磯に注文住宅を建てる » 大磯の住みやすさ

大磯の住みやすさ

大磯

大磯ってどんな町?

人口およそ3万人、大磯。
海岸線沿い、さらには首都圏からも比較的短時間でアクセスできる点などから、明治から昭和にかけて邸宅・別荘が多く建てられたことでも知られています。
その影響からか、高級ホテルも登場するなどリゾート地としての開発が進んでいたのですが、近年はマンションや宅地分譲へと変化しつつあります。

湘南エリアだけど落ち着きがある町

大磯もまた、相模湾に面する「湘南」エリアではありますが、藤沢や茅ヶ崎とは町の毛並みが異なります。
要人の邸宅や別荘があったことから、町全体が落ち着いた雰囲気に包まれていますし、海に面しているとはいえ、南側の国道1号線が海と居住地をガードしているかのように通っているため、小さい海水浴場があるのみで、他の湘南のように夏場だからといって大挙大勢の若者がやってくることもありません。
そのため、季節を問わずに静かな雰囲気の町です。

海沿いだけじゃない「大磯」

大磯は海沿いのリゾート地としての印象が強く、国道、東海道本線が海沿いを走っているので、町の中心も海沿いではありますが、北側の山間部も「大磯」です。
こちらは自然溢れる街並みで、町の中心から離れているものの、小田原厚木道路の大磯インターが比較的北部にあるため、自動車のアクセスは悪くはありません。

大磯の住みやすさは?

大磯に住んだらどのような生活が待っているのか、様々な角度から検証してみました。

大磯のアクセス

まずは大磯から他のエリアへの電車でのアクセスです。

※時刻表調べ。時間は最短

大磯が東海道本線沿いとあって、東海道線停車駅には距離が合っても比較的短時間でのアクセスが可能です。
一方、東海道線から離れた駅には少々時間がかかってしまいます。

大磯の治安

大磯の犯罪件数は大磯町の発表によると平成29年は231件。
ちなみに犯罪件数は毎年のように減少していますので、「治安がよくなっている町」と表現しても差し支えないでしょう。

大磯での子育て

大磯は子育てに力を入れている町です。
0歳から15歳のお子様を養育している家庭には条件があるものの、指導手当が支給されます。

他にも児童扶養手当や特別児童扶養手当など、様々な手当を用意しています。

大磯エリアの相場もチェック

実際に住むとなれば大磯の相場も気になる所。
大磯町の坪単価はおよそ372,837円。
大まかの地価の相場は以下となっています。

やはり駅、国道1号線沿いの地下が高めです。
裏を返せば、駅から遠くなればなるほど地価は安くなります。

大きく3つのエリアに分けられる

大磯は国道1号線、東海道本線、東海道新幹線、小田原厚木道路が横断しています。
そのため、海沿いから東海道本線、東海道本線から東海道新幹線まで、そして東海道新幹線から北と、大きく3つのエリアに分類できます。
利便性を考えるとやはり南部の海から東海道本線の間になりますが、電車にこだわらないのであれば北部は地価も安く、交通量も少ないのでオススメです。

「東西」という視点

南北だけではなく、東西という視点で考えると、駅がある点や、平塚という大きな都市に隣接していることから東部の方が賑いがあります。
特に高麗3丁目に関しては住所こそ「大磯」ですが、最寄り駅は平塚になりますので、利便性は高いです。

大磯に住んでいる人の口コミもチェック!

豊かな自然に囲まれてのびのびと子育て

海と山に囲まれた街です。ピクニックができるような公園もたくさんあって、自然を堪能できます。のびのびと子育てするには大変満足な環境です。

子育て支援センターにお世話になった

大磯の国府にある子育て支援センターには、産後とってもお世話になりました。町主催の子育てセミナーや親子料理教室などもあって、子育てがしやすいです。

地域交流が盛ん

大磯のいいところは、地域の交流が盛んなところです。小さい町ならではの魅力だと思います。都会では感じることができない温かさがあり、子育てしやすい環境です。

警察官の巡回もあって治安はいい

駅前には交番があって、警察官の方がよく巡回しています。なので治安はいいと思います。駅からの帰宅路は住宅街で、うるさいお店などがありません。静かでよいところです。

のんびりした雰囲気

昔から住んでいる人が多いので、町全体が顔見知りのような感じです。自然が多いからか、皆のんびりしているように思います。

穏やかで治安面の不安はありません

住んでいる人は穏やかな印象です。治安面では特に不安となる要因はありません。住宅街から駅までの道のりもほんわかとした雰囲気です。

毎日の買い物はスーパーマーケットを利用

日用品や食料品など、毎日のお買い物はスーパーマーケットを利用しています。個人の商店や食堂もあって、暮らしには不自由しません。

魚屋さんがたくさんあって新鮮なものが食べられる

海が近いので魚屋さんがたくさんあります。人気のお店はいつも賑わっていて、地元でとれた魚が新鮮なうちに食べられるのはありがたいです。

おいしいお店と市(いち)がある賑わいの町

さつまあげが全国的に有名な蒲鉾屋さんをはじめ、おいしいお店が多いです。最近では月に1回「大磯市(いち)」も開催されて、移住者も含めて賑わっています。

東海道線の朝ラッシュでも座れる

東海道線の大磯駅を利用しています。各駅にしか停まりませんが、本数はそこそこ走っていますので特に不便は感じません。朝の通勤時間でも必ず座れます。

平日の移動はマイカーもバスも楽

平日は渋滞する道路もなく、車でもストレスなく移動できます。また、バスの本数もけっこうあるので、移動にはマイカーかバスのどちらを選んでも楽だと思います。

ドライブや遠出には自動車道が便利

周辺には箱根や伊豆半島など、ドライブに適した場所がたくさんあります。厚木バイパスや西湘バイパスにアクセスしやすく、小田原厚木道路を使えばすぐに東名高速にも乗れます。

大磯のお買物スポットやランドマーク情報

大磯でおすすめのお買い物スポット、ランドマークについてご紹介いたします。大磯と言えば!という場所を集めましたので、ぜひ一度は訪れてみてくださいね。

いつでも大自然と触れ合える!高麗山

大磯のハイキングスポットとしても人気の高麗山。奈良時代から多くの人びとに親しまれ、安藤広重の錦絵にも描かれている有名な山です。永享の乱や上杉謙信ゆかりの地でもあり、歴史好きな方にも人気のスポットとなっています。

比較的にハイキングもしやすいコースが多く、春は満開の桜を楽しみながら歩くことができます。秋の紅葉も大変見ごたえがあり、どんな季節にも訪れてみたくなること間違いなし。大磯は海が大変人気ですが、高麗山もぜひチェックしてみてくださいね。

快適なリゾートプール!大磯ロングビーチ

大磯ロングビーチは相模湾を一望しながら楽しむことができるシーサイドリゾートプールです。広大な敷地の中に、流れるプール、波のプール、ウォータースライダー、キッズプール、競泳プール、ダイビングプールなどが用意されており、一日中遊ぶことができますよ。

大磯プリンスホテルに宿泊されている方だけの休憩所、温泉、スパ施設に利用が無料になったり、ロッカーが無料などの特典もたくさんあります。ホテルに宿泊した際にもぜひ訪れてみてほしいスポットです。

月に一度のお楽しみ!大磯市

毎月大日曜日に大磯港で開催される大磯市。近年衰退しつつある大磯の漁業、商業、農業に活気を取り戻すべく、2010年からスタートした新しい試みです。

店舗、ギャラリー、ワークショップ、イベントなどを開催できるようになっており、店舗同士でのコミュニケーション、お客様の新たな出会いなどを生み出す場所になっています。若い方の活動も応援しているので、ユニークなイベントが開催されているのも必見。

「こんな店舗、こんな活動が大磯にあったんだ!」と、毎月新たな発見があることでしょう。かなり大規模な市となっているので、ぜひ時間をたっぷり取って足を運んでみてください。魚の朝一などはとくに人気で、早朝から整理券が配布されることもあります。

歴史ある蒲鉾を楽しめる!井上蒲鉾店

大磯にある井上蒲鉾店は、明治11年に創業して以来ずっと同じ場所で営業をし続けている歴史ある蒲鉾屋さんです。名物のはんぺんは大変人気ですが、午前中に売り切れてしまうこともあります。

かまぼこやさつまあげには魚を100%使用しており、高級な味わいを楽しむことができますよ。一度井上蒲鉾店のものを食べたら他のはんぺん、かまぼこでは満足できない!という方も多いほど、美味しさにもこだわりを持った製造を続けています。国道一号線沿いに、コンパクトな店舗を構えています。見逃さないようにしてくださいね。

大磯の良いところって?

大磯周辺のよいところは自然と食べ物です。

自然が豊富

大磯駅から徒歩でいける場所に大磯海水浴場があります。実はこの大磯海水浴場は、日本でもっとも古くに開設された海水浴場といわれているのです。また海だけではなく、ハイキングのできる高麗山も近くにあり、海や山などで楽しめるアウトドア派な方は充実した休日を送れるのでおすすめです。

食物が新鮮

漁港が近いために魚の種類も豊富で新鮮です。美味しい野菜をつくっている農家も多いと評判で、地域の作物をつかった飲食店や加工食品も人気があります。都市部であまり食材が美味しいと思えないと感じている方にピッタリです。

通勤電車は空いている

首都圏へ通勤するのであればJRの東海道本線を利用することになりますが、通勤時間でも大人数でラッシュという雰囲気はなく、主要都市からの電車から考えると比較的すいています。

大磯の悪いところは?

注文住宅を建てて住むと考えた場合、デメリットとなる部分もあります。

首都圏までのアクセスは時間がかかる

横浜には乗換なしの40分程で行けるものの、首都圏へアクセスするには1時間以上はかかり、東京や品川以外は湘南新宿ラインなどで乗り換えをしなければいけません。首都圏に仕事場がある方や、頻繁にアクセスしたいと考えている方は移動に時間がかかってしまうことを覚悟しておきましょう。

大きな商業施設は少ない

海や山が近くのんびり暮らすことはできるものの、駅周辺は小さな商店街はありますが、都市部のような大きな複合型商業施設などはありません。そのため、休日にショッピングをしたりお店で遊びたいと考えている方には、あまり向いていない地域です。山などがある地域のため坂も多く、買い出しするにも車があるかないかで大きく変わってきます。

まとめ

大磯について様々な角度からチェックしてみました。
「湘南」ではありますが、賑いのある湘南ではなく、落ち着いた湘南です。
静かな生活を求めている人にとっては、大磯は「狙い目」と呼ぶに相応しいエリアです。