湘南で憧れの暮らしを 湘南の注文住宅マガジン

湘南で憧れの暮らしを 湘南の注文住宅マガジン » 鎌倉に注文住宅を建てる » 鎌倉の土地価格の相場

鎌倉の土地価格の相場

鎌倉の土地価格の相場

2018年6月現在で、リクルート『SUUMO』の物件情報に登録されている土地価格から算出された、鎌倉市の土地価格の平均を紹介しましょう。

鎌倉市全体の土地価格相場

87.4万円/坪
※低層住居専用地域相場 87.1万円/坪、それ以外の住居専用地域103.1万円/坪

鎌倉のエリア別・土地価格を紹介

2017年の藤沢市の土地価格について、エリア別に坪単価平均を算出したデータをご紹介しましょう。各エリアの坪単価の平均価格は、以下のようになります。

エリア

坪単価平均

エリア

坪単価平均

鎌倉駅

114万2975/

和田塚

104万9035/

大船

88万3746/

長谷

88万991/

由比ガ浜

87万1074/

江ノ島

84万3526/

七里ガ浜

78万3471/

鎌倉高校前

77万1900/

富士見町

64万2424/

稲村ケ崎

62万6446/

片瀬山

61万3223/

西鎌倉

58万3234/

腰越

57万6859/

湘南深沢

55万8677/

住所

坪単価

住所

坪単価

扇ガ谷1丁目

128万5950/

御成町5丁目

122万6446/

小町1丁目

119万6694/

由比ガ浜2丁目

118万6776/

長谷2丁目

109万7520円/坪

大船2丁目

108万4297円/坪

七里ガ浜2丁目

96万5289円/坪

笹目町7丁目

96万万1983円/坪

材木座6丁目

74万4049円/坪

稲村ケ崎4丁目

62万4793円/坪

鎌倉の土地の特徴

選ぶエリアによって価格も雰囲気も全く違う

鎌倉は、鎌倉駅周辺、長谷や和田塚、由比ガ浜、材木座など海に近いエリア、二階堂など朝比奈に近い山エリア、北鎌倉エリア、大船エリア、七里ガ浜や腰越など、選ぶエリアによって、雰囲気も環境も、土地の価格もかなり違います。鎌倉でどんな生活をしたいのか、ライフスタイルに合わせてエリアを選びましょう。

意外と穴場なのは湘南モノレール沿い

大船と江ノ島の間を結んでいる湘南モノレールの沿線は、いわゆる鎌倉らしい雰囲気とはちょっと異なりますが、病院や学校も多く静かな住宅街が広がっています。土地価格も鎌倉駅周辺や由比ガ浜、長谷など鎌倉の代表的なエリアに比べれば手頃。湘南深沢や西鎌倉などは、駅前である程度の買い物は済ませられますし、大船へ出てしまえば何でも揃います。住みやすい街と言えますね。

子育て世代は小学校や中学校の学区に注意

鎌倉駅周辺や市街地は問題ないのですが、二階堂や北鎌倉エリアなど郊外の場合は小学校や中学校の学区が非常に広く設定されていて、家から学校まで子供の足で30分以上かかるエリアもあります。お子さんが地元の公立学校へ通う予定の方は、小学校の学区に注意して選ぶ必要があります。

大船駅周辺は病院も商業施設も充実

大船駅には駅ビルや商業施設、庶民的な市場や総合病院があり、不自由しない環境です。駅に近い土地は高値ですが、少し離れれば比較的手ごろな土地も見つかります。ただし、大船駅までバスが必須となりますので、バス路線をチェックする必要があります。

まとめ

以上、鎌倉の土地価格相場や街の特徴などについてご紹介しました。

鎌倉の魅力は大きく分けて3つ。1つ目が、由比ガ浜や材木座海岸など、いわゆる湘南を代表する有名な海岸が広がっていること。すぐ先には江ノ島を望むこともできる最高の景色です。

2つ目が、食材が豊かなこと。人口の多い街であるにも関わらず、地元では漁業が盛ん。鎌倉の新鮮な生シラスは、全国的にも有名です。

3つ目が、街の様子の変遷。国内有数の観光地ということもあり、観光客を呼びこむために、街は常に変化し魅力的な姿へとリニューアルを続けています。鶴岡八幡宮へ抜ける小町通りの景色は、1年経つと様子が変わっています。常に変化し続ける街なので、飽きずに楽しく住み続けることができるでしょう。