湘南で憧れの暮らしを 湘南の注文住宅マガジン

湘南で憧れの暮らしを 湘南の注文住宅マガジン » 湘南に移住。湘南で暮らす。 » 葉山に移り住んだFさん

葉山に移り住んだFさん

静かなリゾート・葉山で海外生活を思い出しながら暮らす

「カリフォルニアの海辺で出会ったFさんご夫婦。長い海外暮らしを経て、日本でマイホームを、と選んだのは葉山の地でした。この土地の暮らしやすさ、魅力について聞いてみましょう。」

海が見える高台の土地に一目ぼれ

「アメリカへ留学し、そのままの流れで仕事を始め、妻と出会って結婚。10年ほどカリフォルニアで暮らしました。都合で帰国することになり、しばらくは都内で賃貸に住んでいましたが、『ここじゃないよね…』と妻と話すように。サーフィンが好きで葉山にはよく来ていたので、このあたりに住めたらいいなと土地探しをして。不動産屋さんに連れてこられたのが今の場所です。急な坂道をガーッと上がった先にある、大きな木が茂っている土地で。振り返ったら海が見えたので、『ここだ』と即決しました。」

いい意味で不便なのが外国っぽい

「葉山には駅がありません。私は車で都内まで通勤していますが、ほとんどの方はバスか自転車、バイクで逗子駅か新逗子駅まで行き、そこから電車です。10分も歩けば最寄り駅に着く都内と違って、葉山は言ってみれば不便な街でしょう。だけどその不便さが、のんびりしたムードや静かな雰囲気を生み、大きな魅力にもなっていると思います。私が暮らしたカリフォルニアの田舎町にもよく似た空気感で、葉山に暮らして良かったなと思う理由のひとつです。」

こだわって暮らしている人が多いから刺激的

「住宅街を歩いてみると分かりますが、個性的でシャレた家が多いし、自宅に工房やアトリエを持つアーティスト、教室を開いている料理人、いろいろなジャンルの職人やアーティストが住んでいます。家も口に入れるものも身に着けるものも、それぞれのスタイルでこだわって暮らしているし、近所の人と話しているだけでいろんなジャンルの情報を知ることができて、面白いんですよ。のんびり暮らしているように見えて、じつは刺激的なのが葉山の魅力かなと思います。」