湘南で憧れの暮らしを 湘南の注文住宅マガジン

湘南で憧れの暮らしを 湘南の注文住宅マガジン » 茅ヶ崎に注文住宅を建てる » 茅ヶ崎の土地価格と特徴

茅ヶ崎の土地価格と特徴

茅ヶ崎の土地価格の相場

2018年6月現在で、リクルート『SUUMO』の物件情報に登録されている土地価格から算出された、茅ヶ崎市の土地価格の平均を紹介しましょう。

茅ヶ崎市全体の土地価格相場

75.2万円/坪
※低層住居専用地域相場 78.8万円/坪、それ以外の住居専用地域71.1万円/坪

エリア

坪単価平均

エリア

坪単価平均

茅ヶ崎駅

151万743/

辻堂

74万8610/

北茅ヶ崎

57万3737/

香川

41万1680/

住所

坪単価

住所

坪単価

新栄町8丁目

151万743/

共恵1丁目

130万5785/

東海岸北1丁目

97万8512/

赤松町

94万5454/

東海岸南1丁目

87万2727/

中海岸4丁目

83万6363/

浜竹2丁目

80万3305/

十間坂1丁目

78万6776/

浜須賀7丁目

77万3553/

緑が浜6丁目

76万0330/

茅ヶ崎の土地価格の特徴や動向

JR茅ヶ崎駅南側と北側では土地価格も雰囲気も違う

JR茅ヶ崎駅は北側にイトーヨーカドーやヤマダ電機などがある商業地ですが、南側に出るとすぐに共恵や東海岸北など、戸建が多い住宅地となります。駅南側から海岸に向かう住宅地は、いわゆる湘南らしいハイソなエリアで土地価格も高め。逆に北側は、商業地を抜けると工業地帯と団地が広がる庶民的なエリアとなり、比較的購入しやすい価格の土地が見つかります。

茅ヶ崎駅前と辻堂駅近くは共に人気が高い

茅ヶ崎駅の南側と共に人気が高くなってきているのは、辻堂駅の南側で藤沢市との境あたりにある、浜竹や松浪などの地域。辻堂駅前にテラスモール湘南がオープンしたあたりから、辻堂駅周辺の人気が高くなってきており、これらのエリアの価格も上がっているようです。

海岸の近くの住宅地は土地価格が高め

湘南地域では茅ヶ崎や藤沢などで見られる現象なのですが、市の中心部からは離れていても、海岸近くの土地の価格が高くなる傾向があります。東海岸南や浜須賀など海岸近くの住宅地は、区画が広く道路も整備されていて環境も良いため、価格が高めのようです。

香川駅や北茅ヶ崎駅の周辺は手に入りやすいが自転車が必須

それほど予算はないが、どうしても茅ヶ崎に住みたいという方は、JR相模線の北茅ヶ崎駅や香川駅周辺などがおすすめ。駅から少し離れていますが、新しく開発された住宅地なども広がり、購入しやすい価格の土地がたくさんあります。ただし、茅ヶ崎は狭く入り組んだ道路が多いため、車移動よりは自転車が便利。1人1台の自転車が必要となるでしょう。

まとめ

以上、茅ケ崎の土地価格相場やエリアの特徴などについてご紹介しました。

茅ヶ崎は、いわば「ザ・湘南」。どんな方でも漠然と湘南のイメージをお持ちだと思いますが、そのイメージこそ、まさに茅ケ崎という場所です。サザンオールスターズの桑田佳祐さんの出身地ということもあり、ますます茅ヶ崎は湘南のイメージが定着しています。

全国からの移住者が多い街でもあるので、やはり海岸近くの場所はとても人気。ただ、茅ヶ崎に限らず、そもそも神奈川県は狭い県なので、どこに住んでいても海は近くにあります。茅ヶ崎の内陸部に住んでいたとしても、湘南海岸(サザンビーチ)まで、さほど遠くはありません。

憧れのサーフィン生活を楽しみたい方にも、ぜひおすすめしたいエリアです。